彼枯れ日記

貧乏君が植物達をなぜか枯らしてしまうトホホブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

風の谷風 オームライス

またまた久々の更新です。
ブログ始めた当初は週に2,3回更新してたのが、週1になり、隔週になり
月1ですかっ!枯れ過ぎですね!
なんですかこの、ブログ『やるやる詐欺』はっ!!

えと、言い訳なんですけど写真が消えたんっす!しかも綺麗に全部。
カメラを始めてまだ一年も経たぬうちに2万枚溜まり、その容量60GB全消えっ!
書きかけだったたくさんの日記や、値段や出身地を書いた植物記録枯れ記録も消えた!

HDD復旧ソフトで数週間かけて写真だけは70%程は救出できましたが大変でしたよ。
デジタルデータは諸刃の剣でございます。皆様もバックアップはお早めに。

暫くカメラを見るのも嫌でしたが、気を取り直して色々写し始めました。
今回は初の植物以外の日記で気持ちも新たにスタート!




いつも買う小さく安い4個入りの卵に飽きたので、たまには
いい卵食ってみよう!と8個入りの茶色の卵を購入。
600egg01IMG_0280.jpg
一個づつ色が違い個性的。

暫く忘れてて、消費期限確認したら明日まで!
600egg02IMG_0301.jpg

んじゃぁ、オムライスを久々に作ろう!とネット検索したら
『オームライス』なる写真を沢山見つけて感動したので自分も真似して挑戦!
『作る時は無駄に、鬼のような量作る』悪い癖が抜けません。
600toomanyIMG_0260.jpg
この量・・何人家族なんですか1人です。

ガスコンロ一個しか無いので、パスタ茹でたり、
卵一枚一枚焼いてる時には、チキンライス冷え冷え。
たかがオムライスで物凄い時間かかってしまった。

なんやかんやでやっと完成!
600オームライス01IMG_0325
風の谷風 オムライスならぬ『オームライス
気が短い私は卵を一枚づつ焼く作業に飽きて徐々に強火にしていき
後ろの卵程焦げ目がついてます(笑)ええ、隠してますが尻尾は焦げ焦げですよ。

600オームライス02IMG_0332

形を作るのは思ったより難しかったです。
皆様のオームライスはもっともっと上手で尊敬します。
ネットで検索してみてくださいね。

調子にのって劇中の傷ついたバージョンも作りました。
600オームライス04IMG_0346
なんかもう・・グロいですね!すいませんっ!(笑)

まぁ、全パーツ冷え冷えだったけど、おいしかったです!

えっと、高級卵のお味の方は・・・わかりませんっ!(エー)
卵かけご飯にして食えば良かった・・。

と言うわけで年末お忙しい中でしょうが、
皆様元気に笑って年をお過ごしくださいませ!

来年もよろしくお願いします!m(_ _)m

スポンサーサイト
別窓 | おっさん料理 | コメント:22 | トラックバック:1
∧top | under∨

山野草 ~和服の偉人~

ブログ、ちょっとつーか超サボってしまいました!
『人生山あり谷あり』って聞きますが自分の場合、
『山無し谷ありクレバスもあり』なんですがっ!ちっ。

そんな自分を察したのか植物も色々枯れました。
え?うちの枯れは単純に私の育て方ですか。そーですか!
彼枯れ
でも、植物は飼い主の負の気を吸い取ってくれるってどっかで
聞いたことがあります。自宅の多くの枯れた植物達も、もしかしたらそう
だったのかもしれません。どちらにせよ枯らしてゴメン。そしてありがとう。


ところで!09年4月に山野草のユキモチソウ(雪餅草)と言う
植物の日記を書きました。
当の本人も写真を見て懐かしく思うほど前回から時間が
経ってしまいましたが、その後をご紹介します。

の前に是非最初の状態からざっと見ていただくと嬉しいです。
こちらからどうぞ→(雪餅草最初の記事へ

あれから・・、成長は続き、
(写真は全てクリックででかくなります。)
800Arisaema-sikokianum02IMG_6042.jpg
ヘアスタイルが・・・

800Arisaema-sikokianum01IMG_6040.jpg
スーパーリーゼントォオオオオ!!

y400leningrad_cowboys_01.jpg
↑こちらは『レニングラード・カウボーイズ』という実在するロックバンドです。
わかり難いですが靴までとんがりまくってます。半端ねぇ!(笑)


そして一晩経ったらもうリーゼントが持ち上がってきてます。
y800Arisaema-sikokianum03IMG_6138.jpg
襟元は和服のようです。

夜撮ってるので色が実際より黒っぽく見えますが、
時々茶色に見えて本当は深~い紫色してます。
わたくし、何故か深い紫色の花に出会うと和を感じます。
うちにいた紫色した西洋オダマキも
y800Aquilegia-vulgarii01IMG_4775.jpg
わざわざ西洋って名前ついてるのに和風に、しかも着物を感じます。


800Arisaema-sikokianum04IMG_6194.jpg
これもなんか・・・着物っぽいし、そして人っぽい。

y800SAPARKING2.jpg

y800IMG_6255.jpg
なんというか高貴なオーラが出始めてます。

y800IMG_6260.jpg
そう、これは・・・、

y800NobunagaIMG_6260.jpg
どどど、どうも~!こんな小汚くて布団敷く空き地すら厳しい所へようこそ。



y800Aketi.jpg

あああ!あ、空き地と申しました~~!!


ってな訳で、ただなるぬオーラを放つユキモチソウ。
次回も枯れい華麗に変身。
つづく。


別窓 | 山野草 | コメント:22 | トラックバック:0
∧top | under∨

ガーベラの望み

どこでもよく見るガーベラ。(写真はクリックで少し大きくなります)
600Gerbera01IMG_1985.jpg
09年6月ホームセンターで購入。298円。
スタンダードな花の形をしてるのにちょっと
高貴な雰囲気がして好きな花です。


調べたら、ガーベラは2000種類以上出回ってるそうです。
毎日一種類に出会えたとしても五年以上かかります。
メジャーなガーベラですが種類は全て違うのかも。よく観察せねば。

お供え用に買った花束なんだけど、これもガーベラなのかな?
600maybeGerbera2IMG_0945.jpg

600maybeGerberaIMG_0945.jpg
つーか花のしべ凄すぎ。ファンタジー過ぎて溶ける。


普通に『ガーベラ』といかにも前から知ってた風に
使ってますが名を知ったのは年初めの冬です(笑)


最初に驚いた形の花を見つけて
それで名前を覚えたんですが、それはこんな感じ。
600Gerbera02IMG_2005.jpg
怪しいのは・・・後ろの花。

正体は、
600Gerbera03IMG_1931.jpg
グニョ~ン!

うーん、これは見る方も混乱します。
お互いの折り合いがつかず結局繋がってる『二人』なのか。
600Gerberaconfused02IMG_1953.jpg

それとも、二人になれなかった『一人』なのか。
600Gerberaconfused01IMG_1931.jpg
ムーン・・・。

完全に双頭の株など色んな奇形?がありましたが、
出荷する業者さんによってはこういうのは商品外にする
ところもあるらしいですね。

しかしここにはこの異形ばかり並んでたので
毎回こういう風に咲く花なのかと驚きました。(売れ残ってただけ?)
注意して色んな店で見て数ヶ月。ガーベラはいつもじゃないけど
たいていいっぱいある中で数株はこんな感じの分裂花がいるようです。

そういえば、緑化フェアー(09年5月)でもやっぱり出会いましたよ。
600Gerberared01IMG_8619.jpg


しかもグニョーン度が強く
色も真っ赤なので

600Gerberared02IMG_8619.jpg
ダークサイドに堕ちた悪者風。



初めて見てから半年経って結局買った奇形ガーベラ。
花の裏側はこんなんなってます。
600Gerbera04IMG_1948.jpg
額は二つあります。茎も分かれようと必死だった形跡が(笑)
でも花びらの裏はストライプが入っててオサレ。

蕾には開花するころには薄くなりますが、インド人の眉間に
チョンと赤いのをつけるあれみたいなのもあります。
600Gerberapipeorgan2IMG_1960.jpg
インド人のあの印は、ビンディーと言うそうです。

ところで私はパイプオルガンの見た目も音色も激しく好きなんですが
ガーベラの蕾はそれを連想させ凄くプリティーです。
600Gerberapipeorgan1IMG_1969.jpg
蟻が弾けば丁度いい大きさの蕾パイプオルガン。


600Gerbera05IMG_1977.jpg
うーん ガーベラってなぜ分裂するかわからないけど
美しい。

花観察 つづく。


別窓 | | コメント:24 | トラックバック:0
∧top | under∨

ストロマンテのエコはモヒモヒ

トゥルルー、 ・・・ トゥルルー

ガチャ
「はい、@youです。」

「・・・。」

「もしもし?」

「・・・・・・。」

「もしもしっ!!?」


「・・・・・・・・・・・・・・・。」


「モヒッ モヒッッ!!???」


400StromanthemohicanIMG_0171.jpg
という訳でストロマンテ。モヒモヒ。茎が。
いいかー!ここは、テストにでぬぞー。

そのスリム茎構造さゆえにきちんと整列させるとひと鉢で鬼のように
栽培できるエコスペースなストロマンテです。
350Stromanthe01IMG_0156.jpg
09年1月上旬に遠いホームセンターで購入。値段ワスレタ。
寄せ植えは苦手なものの、好きなストロマンテと
欲しかった色のグズマニアだったので買いました。
土表面から高さ60cm位あります。


ところで新車を新しく買う方の為にエコカー減税と
いうものがございますが、
私は叫びたい。

古(FULL)ボロ中古車に乗り続けてる俺に
セコカー減税の導入が先だろが!!
と。

話を戻しますと、ストロマンテの斑でもいくつか種類があります。
これはとても私的お気に入り斑トリオスターと言うそうです。
400Stromanthe02IMG_0155.jpg
うーん、芸術的斑。

あ、新葉の出方も
350StromanthenewleafIMG_0464.jpg
手巻き寿司風でかわいいのです。


これ、『彼枯れ日記』的には長寿でしかも枯れかけた事すらないんです!
そんなストロマンテの
九ヶ月の軌跡。つーか九ヶ月も奇跡!

□特徴□
その1、モヒモヒ
その2、葉の裏超紫。
350StromanthebacksideIMG_9997.jpg

だから逆光で写すと白い部分も裏が透けてピンク色に。
400Stromantheintothesun1IMG_0475.jpg
400Stromantheintothesun2IMG_0467.jpg
ピンクの線が綺麗。

その3、環境により葉の角度もかなり変わる。
その4、葉の斑の出方は日当たりに左右されてる。(っぽい)
その5、民主党にセコカー減税導入を提案。

エコスペースなストロマンテと対照的に物凄いかさばる
グズマニアの影に埋もれて育った子株を分離しました。
そしてこの子株の中でも寄せ植えで一番影になって出てきた葉。
400babystromanthe1IMG_3565.jpg
ほとんど緑。(09年7月)

さらに二ヵ月後の9月、葉の角度が。
400babyStromanthe2IMG_5407.jpg
なになに?なんで?
これは手旗信号で「枯・れ・そ・う」とメッセージを
伝えてるのかも!?

この子株だけじゃなくて親株の方もかなり角度変化しました。


そして対照的に日当たりの良い場所に移動させて最初に出た葉がこれ。
400StromantheKaonasi01IMG_0009.jpg
真っ白だー!

あまりにノッペラボウだったので落書きしてみた
400StromantheKaonasi02IMG_0009.jpg

日当たりと斑の関係はただの偶然なのかな?



綺麗とか好みとか言ってるけど
植物はそれぞれの生き残りをかけて必死なんでしょうね。
彼らの良い意味でのしたたかさの結果姿。
それなのに美しい。と言うかそれうえ美しい?






植え替え恐怖病で逃げてきましたが
そろそろグズマニアとの分離もしないと・・。

そしてその後のモヒモヒ達は・・・ つづく。

別窓 | 観葉植物 | コメント:14 | トラックバック:0
∧top | under∨

もっと近くへ そこには大発見が。

初めて『みやま公園』に植物探検に出かけたものの、
フレンドリーな野良猫達に囲まれて遊んだ前回の猫編。
日記は→(コチラ)09年2月上旬冬の話です。(古くてすいません。)

猫とじゃれあいながらも広大な敷地を散策しました。
公園っていうか全敷地が林間コースみたいになってます。
600moss01IMG_1596.jpg
あ、西日が当たる斜面に苔が生えてる。寒いのにスゲー。


ドレドレ寄ってみよう。大量に落ちてる茶色いのは松の木の葉。
600moss02IMG_1623.jpg
オオ、部落を作りながらそれぞれ勢力拡大してるようです。


もっと近くへ。
600moss03IMG_1598.jpg
あぁああ!!コンペイトウじゃんね!?ちょっとかわいい。


もっともっと近くへ。(写真は全てクリックで大きくなります)
800moss04IMG_1645.jpg
うぉおおおおおお!スゲー綺麗だし!葉が半透明だし!!

一つのコンペイトウが5mm程だったかな。
斜面だったしこれだけ小さい物を写すと集中力と息止めが大変だったんです。
やっと写し終えて息ゼーハーゼーハ!またピタッと止めて微動だにせず撮影・・・・
を繰り返してましたが通りかかるジョギングランナーやまったり散歩中の老夫婦さん達が
斜面と向き合い、尻向けながらしゃがみつつ時折いきなりゼーハーゼーハな
不振な人(俺)を見て物凄い遠回りで避けていきます!!
しかも楽しくおしゃべりしてたのに私の前後30mで会話がピッタリ止みます。

なんなんでしょうか?この
新発見のワクワク感と

変質者扱いのザワザワ感のコラボ。

次回は『人畜無害』と書いた看板を背中にぶら下げつつ撮影したいと思います。

苔撮影に色々な意味で限界を感じ、移動すると、
800darksideseed02IMG_1725.jpg
うお!どんだけ邪悪な実なんすか!ケツ角星人。悪いことを企み会議中。


次も不思議な植物。
800zigzagStalk01IMG_1712.jpg
カミソリ刃が連続で交互にくっついたような茎です。
この植物にとってこの形状はどんな利点があるんでしょうか?

600zigzagstalk+mantisIMG_1736.jpg

カマキリが登りやすい為?



ところで、
この公園の一画に『イギリス庭園』と呼ばれる唯一有料な所があります。
中はこんな感じ。
350UKgardenIMG_3574.jpg
超狭く、季節的に悪かったのか花もまばらでしたが発見多し!
以降の写真はこの庭園内の写真です。


この花は花びらが無いのか?それとも全部が花びらなのか?シベは?
800Bert01IMG_3568.jpg
不思議な花だ・・・。

もっと近くへ寄り他のも注意深く見てみると・・・


あ、真ん中が~
800maybeDaisy01IMG_4002.jpg

成長してくると・・・
800maybeDaisy02IMG_4003.jpg
やっと普通の花っぽくなる訳ですねー。この花かわいいかもー。

って

真ん中から順にとは限らないみたいです。
800Berttypeflower.jpg
色、髪型、どう見てもセサミストリートです。


最近ホームセンターで見かけたんですけどこの花の名はデイジー?



近頃、店先で花の名前を少しずつ覚えてき始めました。
それが嬉しいんですがこの当時はビオラでさえ名前を知りませんでした。
この花って本当に沢山の種類がいて面白いですね。
上下非対称だし、耳があるし、耳だけ色違うし愛嬌があります。

そのビオラの中でもかなり好みの配色なビオラを見つけました。
800VIoracrystalsIMG_3502.jpg
いつも通りのピンボケっぽいのですがある場所へピント合わせてるんです。
それは・・・発見しましたよ!もっと近へ寄って見ると
入り口にクリスタルが並んでるんですよ!!
拡大↓
800VIoracrystalszoomIMG_3502.jpg
↑是非クリックで拡大したのを見てくださいです。

見えましたか?クリスタル。

800Viora03IMG_3532.jpg
メキシコ巨大結晶の洞窟は探検したい!と思ってましたが身近にも発見。
結晶の洞窟の写真は(こちら)


800Vioracrystalzoom02IMG_3515.jpg
スゲーっす!



入り口下部も拡大して見ると・・・
800VIoraofbigbanIMG_3502.jpg
た、太陽!!?が怒って黒点ブシューーー!

さらにもっと近くへ
600VIoraofspace02IMG_3502.jpg
もう、宇宙やんけ!!


ビオラの扉上部はクリスタルの入り口。
下には太陽と宇宙が。
ビオラすげーーーーーー!!!!


と言う訳で普段見慣れてる花やなんとも無い苔でさえ
もっと近くへ寄って観察すると、不審者扱い小宇宙にまで出会える発見が。

今回は特にビオラに驚きました。
どこでもよく見る花なので皆様是非次はクリスタルを確認して見てください!



そんなこんなで今でもちょくちょく通うようになった深山公園。
次回は池の『鳥編』へ。つづく。

別窓 | 深山公園 | コメント:12 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 彼枯れ日記 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。